chiryouin111’s diary

治療院KAZUです ^ ^ 健康に関わる事 理想的な身体動作を追求して行きます。

武医同源シリーズその②治療家、武術家にもオススメ!ベッドでの検査に留まらずに立位でも検証する方法を身に付けましょう‼︎

武医同源シリーズその2 立位での診断基準を空手の構えで考察します。 治療家の我々は施術を行う際にベッドに寝た状態から 様々な検査をして症状や身体のバランスを 診ていますが その検査法を立位でも行い診断基準を 身体の状態に当てはめて行く上で 空手の…

武医同源シリーズその①治療家にオススメ‼︎浸透する手を作る。武術で培った脱力を治療に生かして優しい手を作るメソッドになります‼︎

今回のテーマは 浸透する手を作る 私は武術と医術を融合させた 武医同源と言う観念を提唱しております。 武術の要素を治療に取り入れると言う事で 逆に治療の要素も武術に取り入れています。 今回は治療家でも武術家でも大切な『手』を患者様や 相手に浸透さ…

身体の使い方シリーズ199『シャドーボクシングと空手の型の共通点』世界ボクシング界のモンスター井上尚弥選手のシャドーボクシングから型の共通点を考察致します‼︎

今回のテーマは シャドーボクシングと 空手の型の共通点 世界ボクシング界のモンスター 井上尚弥選手が何故あんなに勝てて 強いパチンが撃てるかを私なりに理解出来ました。 ボクシングをご覧にならない一般の方も 少しお耳に入るかもしれない ボクシング界…

クライミング研究所第21段『クライミングのレベルアップについて』①コーディネーション②保持力③フィジカルに分けて考察します‼︎能力を融合させてグレードを上げましょう!

今回のテーマは クライミングのレベルアップについて 私の独自の観点ですが 先ずクライミングのスキルを 最近流行りの ①コーディネーション クラシカルな ②保持力 そしてパワフルな ③フィジカル に独断で分けさせて頂きます。 皆様にとって 得意な部分と不得…

身体の使い方シリーズ198『懸垂にて広背筋を攻略的に効かせる方法その①』腰椎を入れる身体のポジションを考察する事で広背筋の下部まで鍛えましょう‼︎クライマーにオススメです‼︎

今回のテーマは 懸垂にて広背筋を効率的に 効かせる方法その① トレーニング編で広背筋を 効かせるポイントを私なりの考察で解説致します。 なかなか背中に懸垂しても効いて来ない クライミングでも背中が使えない等と 伺う事が多くあります。 懸垂やクライミ…

身体の使い方シリーズ197『指からの意識』武術・クライミング・治療でも大切な指の意識をパワーリフティングのクリーンからヒントを得ます。伸筋群を使いながら屈筋も有効に使いましょう‼︎

今回のテーマは 指からの意識 私は武術も鍛錬しながら クライミングも行っていますので 指を鍛えるにあたり 末端の重要性に改めて気付きました。 空手や打撃の武術では 突きを出す時に手を握りますが 指の一本一本まで感覚を 行き届かせていかなければならな…

クライミング研究所第20段『腰を入れる』スポーツや武術でも重要な腰を入れる動作をクライミングのシーンで考察・重心を下げた場合と上げた場合で解説致します‼︎

今回のテーマは 腰を入れる 様々なスポーツや武術でも重要な 腰の入れ方 今回はクライミングに特化して 私なりに考察致します。 ムーブで身体がホールドにジャストで 到達しない時は腰の位置が 上がっていない場合があります。 ホールドに触れるがしっかり掴…

クライミング研究所第19段『腕が伸びる時にブレーキをかける』クライミングにおいて足が切れた時の落下防止にネガティヴトレーニングをオススメします‼︎

今回のテーマは懸垂について 腕が伸びる時のブレーキをかける ビーストメーカーの懸垂について 気付いた事があります。 懸垂には 身体を上げる事と下げる動作とがあると思います。 保持が出来て引き上げて下す時に 抜けてしまう部分があります。 それは引き…

身体の使い方シリーズ193『お腹の中のボールを作る』腹圧のかけ方をブリージングを通して考察致します。骨盤底筋も収縮させますので尿漏れ予防にもオススメです‼︎各種コンタクトスポーツも活用出来ます‼︎

今回のテーマは お腹の中のボールを作る 私はお腹の中のボールを作る意識 いわゆる腹圧をかける時に筋肉を使いますが その感覚を筋肉でボールを作る その様に捉えています。 先ず腹圧とは⁈ 胸郭と骨盤の間 横隔膜の下の場所にあたり骨盤底筋までの 臓器があ…

新年明けましておめでとう御座います‼︎本年初の身体の使い方シリーズ192『体幹型のスワイショウ』腰を回さずに体幹筋を鍛えましょう‼︎運動が苦手な方でも大丈夫です。

スワイショウ 体幹型のスワイショウ 身体を回さない体幹を入れた形で行う トレーニング型のスワイショウになります。 一般的にスワイショウは背骨を中心に回転させて 手を身体の周りを回す動きになります。 そして重心を中心から左右の足で回す方法と 前後に…

クライミング研究所第18段『末端からの連動』小指と薬指を握る事で指を対立させる末端の連動・クライミングや空手の強い握りを考察致します。

今回のテーマは 末端からの連動 力の伝達について身体の使い方は 様々ではありますが 武術は足から力を伝えると言われ クライミングでは指からホールドを握り込むので 重心を上げた方が有利な場合もあり 手からの連動も大切です。 逆に同じクライミングでも …

身体の使い方シリーズ191『肘を下げるには鎖骨を下げる』肘を使うために鎖骨を意識します。巻き肩予防や呼吸を深くしたり・突きを重く・広背筋を効かせる・等6つのメリットで考察致します。一般の方はもとよりクライマー・武術家の方々にもオススメです‼︎

今回のテーマは 肘を下げるには鎖骨を下げる 私の身体の使い方で左の肘が上がりやすく 前腕が回内する傾向がありその上で脇が開きます。 それを修正する意味で肘を意識したり 腹斜筋を効かせたりしていましたが 結果的に肩甲骨が下制で良いと気付きました。 …

クライミング研究所第17段『首を傾ける』ビーストメーカーを使い身体のバランスを整える。ポイントは首に注目します

今回のテーマは 首を傾ける ビーストメーカーのトレーニングで 手と手の距離が近い状態での 首のポジションが大切だと気付きました。 皆様もビーストメーカーにぶら下がる時に 頭の位置を意識された事は御座いますか? その理由は 頭が傾くと当然ですが首が…

クライミング研究所第16段『臀筋を効かせる』クロスモーションエクササイズで弱い広背筋を鍛えましょう‼︎クライマーの背中の強化・武術家・一般の方々にもオススメです。

今回のテーマは 臀筋を効かせる 皆様は、身体のバランスで 臀筋と広背筋の繋がりがあるのはご存知ですか? 対角線の関連があり 左の臀筋は右の広背筋 右の臀筋は左の広背筋が繋ます。 私は左の広背筋が引き難い状態を 臀筋を使う事で解決を計りました。 今回…

身体の使い方シリーズ193『体幹トレーニング』腰痛予防や体幹の安定性向上・スポーツのパフォーマンスアップに低負荷で十分効果が出ますのでオススメです‼︎

今回のテーマは 体幹トレーニング 体幹トレは スポーツやリハビリの分野でも重要と よく言われていて 腰痛予防にも大切と言われています。 今回は身体のバランスを整える意味でも 体幹トレを考察致します。 先ず私の身体を例に上げると 空手の稽古の習慣から…

身体の作り方シリーズ192『肩の高さを揃える』体幹筋を意識させながら片足支持の安定感を増す方法になり体幹筋のリハビリ・高齢者の歩行の強化・アスリートのバランスアップにオススメです‼︎

今回のテーマは 肩の高さを揃える 肩の高さを変えずに揃える事でのメリットを ご紹介致します。 前回お伝えしました 座位で横に手を伸ばすTRTがありますが こちらも肩の高さを変えずに重心を横に移動する事で重心移動側は坐骨に体重が乗り反対側の体幹は 脊…

身体の使い方シリーズ191『TRTにおける体幹筋の考察とナイファンチについて』臀筋と体幹筋の意識と左右の重心移動を学ぶ内容です。軸足の支持を見直しましょう‼︎

今回のテーマは TRTにおける体幹筋の考察とナイファンチについて 前回の投稿で体幹の腹斜筋を取り上げて 一般の方々の身体の側方移動についてお話しました。 其方をもう少し深掘り致します。 TRTはTrunk Righting Testと言い 重心移動のテストと 体幹を強化…

身体の使い方シリーズ190『腹斜筋を締める』回旋筋を意識して半身の体幹安定性と身体の捻れを調整する武術家・クライマー・一般の方々にもオススメです‼︎

今回のテーマは 身体の脇のライン腹斜筋を締める 前回の正中線から回旋で捩れを揃える方法続編です。 空手の構え半身を考察しながら クライミングや一般の方々にも お役に立てる様にお伝えします。 腹斜筋は 身体の外側に外腹斜筋があり内側には内腹斜筋が …

身体の使い方シリーズ189身体の回旋で体癖がある方にオススメです‼︎水平面を意識して調整します。空手家・武術家・左右非対称でスポーツを行う方々にお届け出来ればと思います。

今回のテーマは 身体を回旋にする 私のBlogを見て頂いている方はご存知かと思いますが 身体の癖等から対処法を様々解説しております。 以前に クライミング研究所14段で解説致しました 武術バージョンとなります。 ご興味がおありでしたら過去のBlogもご覧下…

クライミング研究所15段『上腕骨を外旋させる』広背筋使用においての考察、脇を締める感覚を養う参考になりましたら幸いです‼︎背中を使って脇を締めましょう!

今回のテーマは 上腕骨を外旋させる 脇を締める意識に上腕骨を外旋させる事が 使える事に気付きました。 肩を下げたり脇を締める動作は ざっくり言うと身体の後ろ側の筋肉を使います。 脇が開いたり肩が上がった方が身体の側方や 前方での操作は行いやすいか…

クライミング研究所14段『体幹を意識する』ビーストメーカーでボディの使い方を指トレや登りに反映させましょう‼︎身体の回旋傾向がおありの方々にもオススメです!

今回のテーマは 体幹を意識する。 ビーストメーカーを行なって 気付いた所がありました。 体幹を抜かない所です。 私の場合は左の体幹が抜けやすいので ぶら下がる前に意識して体幹をセットしてから ぶら下がる様にしています。 もし体幹をセットしないでぶ…

身体の使い方シリーズその187『片足立ちになった時の股関節』武術家の蹴りの軸足・クライマーの蹴り足・一般の方々の歩行の安定性獲得にオススメです‼︎

今回のテーマは 片足立ちになった時の股関節 踵から股関節を繋げる事で 安定感を改めて実感しました。 私は今迄は左の股関節のポジションについて 色々と考察していましたが 新しい回答が生まれました。 皆様も片足立ちなる場面は多々あると思います 歩いて…

クライミング研究所13段『肩を下げる』クライマーで引き付けに悩む方の参考と武術家の沈肩の見直しになりましたら幸いです‼︎

今回のテーマは 肩を下げる クライマーで引き付けの強化を 考えていらっしゃる方々と 武術家の沈肩の見直しを計る方々の 一助になるかもしれません。 私はクライミングで左の引き付けが弱い事を 以前からの改善点でした。 武術では 沈肩と言って肩を下げる武…

身体の使い方シリーズ186『坐骨を入れる』座り方の解説書、坐骨を中心に骨盤と腰椎の動きを考察。座り姿勢が長い方座位で腰痛の方々にオススメです‼︎立位も大切ですが座位も大切です‼︎

今回のテーマは 坐骨を入れる 立ち方の解説は多いと思いますが 座り方の解説はあまり多くないので 今回はその辺りを行いたいと思います。 立ち方もそうですが座り方も様々で 正しい座り方の定義はその時により 色々だと思いますが 座り方が立ち方にも反映さ…

身体の使い方シリーズその185『撞木の様に突く』脱力でも無く反発力でも無い新しい突き方をご紹介致します‼︎

今回のテーマは突き 撞木の様に突く 突きについて新しい感覚が生まれました。 突きには色々な打ち方があります。 反発力を最大限にしてパワーを使う打ち方 反発力を最小限にして脱力する打ち方 何方も今までは稽古しながら工夫して打ち方を 磨いて来ました。…

クライミング研究所12段『引き手』弱い手⁈と強い手⁈体幹筋をもとに考察致します。何方も均等に強くしましょう‼︎

今回のテーマは クライミングの引き手 クライミングではホールドを引き付ける『引き手』と ホールドを取りに行く『出し手』⁈があります。 引き手には強い方と弱い方がある場合が多いので 其方を考察して参りたいと思います。 クライミングでは 右出し左引き…

クライミング研究所第11段指の握り方『カチ派オープン派』を肩甲骨の内転と外転で考察致します。力の発生のベクトルを理解して頂きましたら幸いです‼︎

今回のテーマは クライミングにおける指の握り方が続きますが クライマーには外せない話題に上がる カチ派 オープン派 がありますが 其方をを肩甲骨の内転 外転で考察致します。 肩甲骨の内転と外転とは⁈ 肩甲骨と肩甲骨が脊柱に対して内側に近づくのが内転 …

クライミング研究所第10段クライミングにおける指の持ち加減『人差し指派か⁈小指派か⁈』前腕の回内回外・肩甲骨上方回旋・下方回旋で考察‼︎物を摘む持ち方か?握る持ち方か?の違いで分けてみました。

今回のテーマは クライミングにおける指の持ち加減 人差し指派か?小指派か? クライマーの方で人差し指から握り込み 小指を外した方がホールドを持てる方と 小指と薬指の握りがかなり重要と 仰る方がいらっしゃります。 その指の握り込みの違いを 私なりに考…

クライミング研究所第9段『肩を入れる』痛みや機能障害のある方にも必見です!肩甲骨の上方回旋をもとに様々なタイプを考察致します。

今回のテーマは 肩を入れる動作 クライミングで肩を入れる等と言いますが どの様な動作でしょうか⁈ 私は肩甲骨が胸郭に乗るポジションだと 認識しております。 肩甲骨は鎖骨で体幹に接続され 胸郭に乗ってその上を滑走しています。 その肩甲骨の胸郭に乗るポ…

クライミング研究所第8段『足で上げるか⁈』『肩甲骨の引き下げで上げるか⁈』身体の上げ方を肩甲骨を下げる事で解説致します‼︎

今回のテーマは身体を 足で上げるか? 肩甲骨の引き下げで上げるか? クライミングにおける身体の上げ方を考察します。 皆様は身体の上げ方をどうされて いらっしゃいますか⁈ 私は身体の重心を落としてホールドに ぶら下がった状態から握り そこから足で身体…