chiryouin111’s diary

治療院KAZUです ^ ^ 健康に関わる事 理想的な身体動作を追求して行きます。

クライミング研究所第26段『小指・薬指を鍛える』握りに大切なニ指を虫様筋と骨間筋の観点から考察致します。脇が開く方にオススメです‼︎最後に空手の拳についても触れております。

今回のテーマは

小指・薬指を鍛える

f:id:chiryouin111:20240519000257j:image

ライミングにおける指の握りについて

私はオープンよりカチの方が得意でして

最近ではオープンも握れる様になって来ましたが

やはりここ一番の時はカチの方が安定して握れます。

 

ビーストメーカーにぶら下がっていて

気付いたのですが骨間筋の強さが

左より右の方が使えている感じがしました。

 

空手の選手の頃はあまり拳を握らずに

突きを出していて左の上からの

打ち落としストレートが得意な事から

肘が開き身体を右に倒す癖があります。

 

その事から懸垂やビーストメーカーのぶら下がりで

身体が左側が開き頭が右に倒れる傾向があります。

左手が左下方に引く傾向があり

それを修正する為に小指と薬指の握りを

強くして脇が開かない様にしております。

 

脇が開かないと言う事では

小指と薬指を握る事により

骨間筋と虫様筋そして

前腕の屈筋を収縮させる方が有利で

武術経験者の方におきましては

縦拳を意識して頂ければ理解しやすいかと思います。

 

脇が開くと言う状態は

前弯回内・上腕骨外転の状態で

私の打ち下ろしのストレートに近い状況になります。

 

それを防ぐには小指薬指の握りで

手首尺屈・前弯回外・上腕内転を目覚します。

 

指の筋肉は前腕を跨いで肘に付着しているので

前弯と上腕は固定し易くなり肘が開き難くなります。

 

そして小指と薬指は虫様筋が繋がっていますので

単独で動くより2本が連動する事が理想かと思います。

 

ちなみに中指と薬指も繋がっているので二本指で

ぶら下がるのは中指薬指派が多いのは理解出来ます。

 

上記の理由から肘が開く方は薬指と小指の握りを

意識する事もオススメします。

 

虫様筋と骨間筋に対しては

MP関節の伸展と屈筋の相互に関係しますので

詳しくは前回の投稿をご覧になって下さい。

 

 

小指と薬指を握るのは

空手でも基本を学ぶ際に

拳の作り方として言われていて

対象物に当てる部位は

中指と示指のMP関節になります。

 

その方が脇が締まり手の伸筋群が

使いやすくなるので理解出来ます。

f:id:chiryouin111:20240519124750j:image

如何でしょうか?

小指薬指を鍛える

今回は骨間筋と虫様筋は浅指屈筋と深指屈筋の

補助的な役割ですが握りには関係しますので

興味深いですね。

 

詳しい小指薬指の鍛え方や指の治療が必要な方々は

お気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

 

『柔道選手の握力に関す る研究 多種 目選手 との比較か ら』

https://www.jstage.jst.go.jp/article/budo1968/22/2/22_177/_pdf/-char/ja

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/course.htm

 

クライミング研究所第25段『虫様筋と骨間筋を意識する』手内筋肢位と手外筋肢位におけるMP関節の虫様筋の働きを考察します。クライマーにおけるカチとオープンでの虫様筋の活動を意識する‼︎

今回のテーマは

虫様筋と骨間筋を意識する

 

指の伸展に関する虫様筋と骨間筋を意識して

オープンを鍛える。

 

虫様筋について新しい理解が生まれましたので

書かせて頂きたいと思います。

 

虫様筋は指の指背腱膜・深指屈筋に起始して

骨間筋に停止する骨に付着しない筋肉として珍しく

DIP伸展PIP伸展MP屈曲の手内筋肢位が有名ですが

f:id:chiryouin111:20240512123032j:image

深指屈筋・浅指屈筋優位の手外筋優位の

DIP・PIP屈曲MP伸展でも働くとの見解もありました。

 

虫様筋はMP屈曲で筋収縮はさせますが

MP関節伸展でも働きます。

指を伸ばした時に懸念されるのが過伸展です。

MP関節の過進展による関節不安定性の

動揺を防ぐ意味でも虫様筋は働く様です。

 

指を伸展させた状態からDIP屈曲PIP屈曲MP伸展の

手外筋肢位ではMPの過進展を防ぎながら

指を使う必要があります。

f:id:chiryouin111:20240512122826j:image

これはクライミングにおける

オープンの肢位でもあります。

 

私は今迄、カチの方か虫様筋が働くと

考えていましたがオープンでも

虫様筋が働くのは面白い考察です。

 

どちらにせよ握ると言う行為は奥が深いですね。

そして虫様筋に益々興味が沸きました。

 

基本的に手内筋肢位では

虫様筋が働く事でDIP.PIP伸展MP屈曲しますが

深指屈筋に虫様筋が付着する事で

DIP・PIPは屈曲に働きそうですが

指背腱膜に付着するのでDIP.PIP伸展で

虫様筋が働きMPは屈曲します。

 

指の背側が引っ張られながら

MPが屈曲出来ると言う事です。

指先で物を摘む動作がそれに近いと思います。

f:id:chiryouin111:20240512122819j:image

手外筋肢位ではDIP・PIP屈曲MP伸展では

深指屈筋・浅指屈筋収縮、虫様筋補助収縮の

様相になります。

f:id:chiryouin111:20240512122826j:image

結論として

MP関節を曲げるだけで無く伸展でも

虫様筋は働くと言う事です。

虫様筋は骨間筋に比べて筋力は弱く

筋紡錘と言う筋肉の状態を測る

センサーが多いので筋トレでは骨間筋を

鍛えると言う方が正解かもしれませんが

虫様筋を鍛えるにはセンサーを意識して

色々な形のホールドを

握る事が大切かもしれません。

 

如何でしょうか?

虫様筋と骨間筋

 

詳しい虫様筋のお話しや骨間筋の治療が必要な方々はお気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

『手の虫様筋の比較解剖学的研究』

https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/104/3-4/104_3-4_365/_pdf/-char/ja

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/course.htm

心と身体シリーズその1『パーソナルスペース』生活習慣や文化の違いで感じる共有する空間について考察致します。パーソナルスペースにおける身体の感覚や動きについても触れています。

今回のテーマは

 

パーソナルスペース

 

f:id:chiryouin111:20240506204326j:image

海外の方にバスで同席した時に

気付いた事があります。

 

その方は日本人より感覚的にパーソナルスペースが

広く身体を悪気が無く広く使われている様子

おそらく意図して動いている訳ではなく

身体が居着くのが苦手な様子でじっとすると

足を譲ったり身体をユラユラさせています。

 

私の感覚では日本人は割とコンパクトに

自分の中心に収めるのは文化や国土の違いかと

思いますが日本人は割と基準を作る事に

従事してその感覚に委ねる事で安心する気がします。

 

私とバスで同席の方は逆で基準を持たずに

居着くと崩して敢えて軸が無い事で

安定している気がしました。

 

 

日本人には無い動く事でのグルーヴ感が

よくドラム等で言われる裏打ちのリズムで

連続性を醸し出すとパワーに繋がるのか?等と

考えていました。

 

日本人は逆に動かない事で静止した状況から

パワーを生み出す気がします。

 

取り止めのない話しで恐縮ですが面白い発見なので

書かせて頂きました。

 

如何ですか?

パーソナルスペースについて

 

これは武術の間合いに感覚的に近く感じました。

詳しい間合いのお話しやパーソナルスペースを

侵害されて過剰な緊張を受けた

お身体のリラックス施術が必要な方々は

お気軽に治療薬まで、ご連絡下さい。

 

『パーソナルスペースへの侵入に対する 心理・生理的反応』

https://www.bgu.ac.jp/library/wp-content/uploads/sites/11/2022/08/kyukiyo7_nose-1.pdf

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/index.html

身体の使い方シリーズ204『クワを閉じる』股関節の内旋と外旋からクワを考察・股関節の屈曲角度が上がると内旋筋の働きが上がります。

今回のテーマは

 

クワを閉じる

 

クワと言うのは中国語で股関節を指して

武術ではクワを閉めるクワを開く等と言われます。

 

以前に身体の膨らんでいる側は

ぶつかると言う投稿をしました。 

 

前回は前額面での修正で身体を変える方法を

ご提案しました。

 

今回はより実戦的にクワを閉じる方法を

ご提案させて頂きます。

 

太極拳の様に前のクワを開くやり方もありますが

今回は私が左側の前のクワに開きやすい事も鑑みて

前のクワを閉じる方法をご提案させて頂きます。

 

閉じる・開くとはどの様な事か⁈

私の感覚的な観点で申し上げますと

大腿骨の内旋外旋がありますが

閉じる場合は大腿骨の内旋を使い

これを骨盤の腸骨の上前腸骨棘から閉じる感じで

股関節だけの動きと言うより

股関節の中を使って上下を締め上げる感覚です。

 

逆の開く時も股関節を中心に

大腿骨を外旋させて

大腿骨や上前腸骨棘を開いて行きます。

 

この時の基準が大腿骨の内旋と外旋になります。

 

 

空手の型、三戦やナイファンチでは

前と後のクワを閉じて三戦では強力に

大腿骨も内旋させて身体を最大限に締めます。

 

以前は陳式太極拳の流れから前のクワを開いて

三戦やナイファンチを行っていました。

f:id:chiryouin111:20240412140423j:imagef:id:chiryouin111:20240412140431j:image

(前のクワを開いています)

 

最近では前のクワを閉じて三戦やナイファンチを

行っています。

f:id:chiryouin111:20240412140442j:imagef:id:chiryouin111:20240412140449j:image

(前のクワを閉じています)

 

 

写真ではあまり分かり辛いですが

クワを開いていると身体がフワッとしていて

クワを閉じていると閉まっています。

 

 

以前は脱力をメインに考えていましたが

最近では力を使うと言う事の必要性を感じています。

 

皆様は

『柔よく剛を制す』と言う言葉を

聞いたところがあると思いますが

『剛よく柔を断つ』と言う言葉もあります。

武術的には何方も大切で自分に足りない事として

力の出し方を研究しています。

 

それにはまず三戦やナイファンチの

前クワを閉じる方法で力を集約させる鍛錬を

行いながら身体の中の道を作っています。

f:id:chiryouin111:20240429195940j:image

 

私のライフワークのひとつでもある

ライミングでも

 

前のクワが開き後ろのクワが閉じる方は

正体クライマーで多いと思われ 

 

前のクワが閉まり後ろのクワが開くのは

側体クライマー

 

前のクワが閉まり後ろのクワが閉まるのは

体幹クライマーで足を閉じるか開いても

股関節は割難いと考えます。

 

以上はあくまでも私の考察です。

 

如何ですか?

 

クワを閉じる

 

詳しいクワの閉じ方

股関節の治療が必要な方々はお気軽に治療院まで

ご連絡下さい。

 

 

『股関節屈曲・伸展角度の違い による股関節回旋筋力の変化』

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rigaku/41/2/41_KJ00009352619/_pdf

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/index.html

 

身体の使い方シリーズ203ぶつかる側は回旋して膨らんでいる身体の形状を前額面と矢状面で考察改善方法をご提案致します‼︎

今回のテーマは

 

ぶつかる側は回旋して膨らんでいる

 

皆様は身体を動かしていて

何処かにぶつかる事はありませんか?

f:id:chiryouin111:20240418214847j:image

それは感覚的に動くルートを定めて

身体を操作しているのですが

身体が開いているとコントロールしているつもりでも身体の動きが膨らんでぶつかる事があります。

私も急いでいると左側がぶつかる事があります。

 

空手の構えでは右手を中心に

相手の身体をすり抜ける感覚が養われているので

左側が追従出来ない時はぶつかる事が多いです。

 

私はサウスポーなので空手の構えでは

右側は前・左側は後の半身に構えます。

その構えでは右手を中心に

左側は逆時計回旋するので

左側は時計回りに回旋しませんから

左は右側に寄っています。

 

これが身体を正面に向けた時に

左を前に動かすと開き気みになる理由です。

 

身体の軸が前額面状に右回旋して

頭が右・骨盤が左に膨らんでいる状態ですが

これを修正するには逆に前額面状に左回旋させると

頭は左・骨盤は右に回旋しますので修正出来ます。

f:id:chiryouin111:20240422183925j:image

(青い面が前額面・緑の面が矢状面・赤い面が水平面)

 

クライマーでは

正体で左引き右出しが得意なタイプは私と同じで

前額面状右回旋型これを修正して

右引き左出しが得意にするには

前額面状に左回旋させると効果的です。

 

武術家でサウスポーの方は

右側が前で半身を切ると

矢状面での前後の移動が起こり

右側前方移動・左側後方移動になり

これで身体を正面に向けて立つと

前額面状には右回旋のズレが生じます。

 

右構えの方は逆となり矢状面では

右回旋で前額面状では左回旋になります。

 

サウスポーの方オーソドックスの方は

各々に逆の事をやって頂きましたら

ズレのある方は修正出来ると思います。

 

如何ですか?

ぶつかる側は回旋して膨らんでいる

 

詳しい身体の修正の仕方

お身体の調整が必要な方々は

お気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

 

『前額面上における姿勢アライメントに着目した高齢者の方向転換動作の分析』

https://cir.nii.ac.jp/crid/1390001205577280256

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/greeting.htm

 

身体の使い方シリーズその202坐骨を意識する力の連動を骨盤から坐骨に集約させて精度を上げましょう‼︎坐骨を使って腰椎・骨盤の動きに繋がり腰痛予防に効果的な方法もご紹介致します!

坐骨を意識する

 

足、主に踵からの力を伝えるポイントに

坐骨を使うのが有効だと思いました。

 

骨盤の後ろ側は広い範囲での力の集約点ですが

更に密度を高めると坐骨は外せない感じがします。

 

坐骨と言っても恥骨・腸骨・坐骨を合わせて寛骨と

言い左右の寛骨と仙骨を合わせて骨盤になります。

f:id:chiryouin111:20240406234831j:image

骨盤と唱えると広くなりますね。

 

骨盤の後ろ側でも身体の表面からの流れを伝えるので間違いではありませんが外からの圧縮を正中線

伝えるには坐骨の方がより近く力を合わせやすい

傾向に気付きました。

 

中国武術心意六合拳形意拳では

内三合(心と意・意と気・気と力)

外三合(手と足・肘と膝・肩と股関節)

と言って身体や心の部分を合わせます。

空手の型ナイファンチでも横側に身体を合わせて

骨格の強さを使います。

ジークンドーのストレートリードもその様です。

 

形意拳の構えでも三体式と言って

空手の後屈立ちに似ていますが

半身を切った時に手と足・肘と膝・肩と股関節が

揃い骨格の強さを使い体当たりの技法で

突きを出します。

 

単に体当たりなら骨格を固めれば良いのですが

大地を踏む力を連動するポイントとして

坐骨は重要だと思いました。

 

空手も形意拳も武器術が元に発展した形意があり

突き手と引き手の関係が深く

両方を同期させる意味では骨盤の使い方は

大切で力の連動を無手で行う時は

坐骨が有効かと感じます。

 

如何ですか?

坐骨を意識する

 

坐骨は座っていると座面に当たる骨で

坐骨が前額面状で並列に並び

座面に対して後ろに滑らせると骨盤の前傾位

前に滑らせると骨盤の後傾位になります

前傾で腰痛の方は後傾位に

後傾で腰痛の方は前傾位にされて

調整されると負担も減る可能性はあります。

宜しければお試し下さい。

 

坐骨の動作で痛みの出る方はご無理せずに

専門医にご相談下さい。

 

『坐骨がロープを乗り越える運動が座位の定位と安定性にもたらす影響 -ロープ使用の有無による違い-』

https://cir.nii.ac.jp/crid/1390009225956233472

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/greeting.htm

身体の使い方シリーズ201力の源について武術家・クライマー・一般の方々にオススメ‼︎骨盤をテーマに考察致します。下肢からの力の伝達を上半身に繋げましょう‼︎

力の源

 

私は自身の練功で力の発信点を見直し改めて

骨盤の後ろ広い意味での腸骨と仙骨

意識しております。

 

骨盤の後ろ側を意識するにあたり爪先より

踵を踏む状態が的しているので踵から骨盤の流れで

上半身のうねりを作る様にしています。

 

爪先の荷重では骨盤前傾になりやすく

骨盤の前は締まり

踵の荷重では骨盤後傾になり骨盤の後ろは

締まり腹圧がかけやすくなります。

f:id:chiryouin111:20240402122644j:image

 

私は左の骨盤の後ろ側が開きやすいので

気を付けながら踵からの流れを切らさずに

上半身に繋いでいます。

私の感覚では力の伝達が漏れがあるとそこから

逃げてしまいますので骨盤を治める事で

上半身に伝える事が出来ます。

 

単純に力を逃したり入れたりだけなら関節の運動は

最適ですが武術では形を壊さずに伝えるので

関節や骨の位置を動かさない様に伝達させます。

精密には関節や身体は動いているのですが

そのぶれを最小限に抑える事で力が纏まった

目的のポイントで解放されます。

 

その為の骨盤の後ろ側は重要だったりします。

相手の力を受け止めたり足からの力を

上半身に展開させたりします。

 

クライマーの方には

臀部が出て身体が上がりにくいタイプや

ハイステップが苦手な方々は力の源を意識して

骨盤後傾にされる事をオススメします。

 

腰椎前弯の腰痛症の方は

力の源を意識して此方も骨盤後傾をオススメします‼︎

 

如何ですか?

力の源

今回も私の身体の感覚に従事して解説しましたが

皆様も御自身の基準をしっかりと作って

練功やクライミング・一般生活に臨まれると

変化や修正が行いやすいのでオススメです。

 

武術家の方々におきましては

それぞれの流派や考え方があると思いますので

其方を中心に私の考えは一旦として

展開されればと考えます。

 

少しでも皆様の練功の励みになりましたら幸いです。

 

 

『骨盤の矢状面アライメントが骨盤・体幹の回旋可動性および身体重心移動量に与える影響』

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rigaku/36/7/36_KJ00005931384/_article/-char/ja/

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com/greeting.htm