chiryouin111’s diary

治療院KAZUです ^ ^ 健康に関わる事 理想的な身体動作を追求して行きます。

身体の使い方Seriesその100『股関節の位置』骨盤のポジションから背骨のラインを考える。身体の歪みや重心バランスに最適です。

今回のテーマは

『股関節の位置』

 

私が気づいた事で股関節の位置について

解説したいと思います。

人間の身体で最も緻密結合性が強く

荷重を受ける部位に股関節があると思います。

 

人間は二足歩行になるので何方かの関節に荷重をかけながら移動して行きます。

 

荷重をかけた際の垂直軸上の上半身の位置が傾いたり捻れたりする事で股関節の位置も変わります。

勿論股関節からの回転トルクや傾きでも上半身には影響は及ぼす事も存在します。

(厳密に言うと下肢からの影響もありますが)

 

今回は何方の優位差で無く

股関節の位置から考えて行きたいと思います。

股関節の位置が背骨の外側に移動しようとすると反対側の身体が傾き背骨のラインも真っ直ぐでは無くなります。

 

背骨のラインを簡単に確認する為に足を揃えて前屈します。

その時の背骨の棘突起を基準に見て行きます

この際に背骨が揃っていないのを背骨だけで調整せずに股関節から作って行きます。

(股関節と言う土台の上に積み木を積んで行くイメージです)

なるべく、股関節を中心に集める感じで行います。

その時丁度2軸が背面肩甲骨と背骨の間くらいに捉えて合わせます。

そしてその中間に背骨の棘突起を持って来ます。

(私は鍼灸師なので経絡を意識して背部兪穴を揃えて行きます。)

f:id:chiryouin111:20211026011549j:image

 

踵からの流れもありますが今回は股関節から考えました。

今回はあくまでも私の主観ですので参考までにされて下さい。

 

経絡のラインとよく使われるモーションキャプチャーが似ていると最近考えます。

(経絡の位置に付けてくれないかな〜⁈)

https://www.tdk.com/ja/tech-mag/knowledge/161

 

如何ですか?

『股関節の位置』

詳しい股関節のポジションや股関節・骨盤周囲の治療が必要な方々はお気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

 

 

 

身体の使い方Seriesその99『体幹を張る』クライミング・武術・スポーツでも体幹の力は重要です‼︎勿論一般の方々も大切ですよ。

今回のテーマは『体幹を張る』

何回か上げている事かもしれませんが大切な事なので重複しますが、また上げてしまいました。

f:id:chiryouin111:20211018205616j:image

関係ありませんが

(この鳥めっちゃ姿勢良くないですか⁈(笑)

 

ライミングや武術、スポーツでも体幹の力は重要だと思います。

 

今回は私がクライミングをしていて気付いた事を書きたいと思います。

 

ライミングでは壁に入ったりホールドを取りに行く時に体幹を張って壁に近づきます。

 

重心を落として壁に入る時や壁から離れて距離を出す時にも最後は身体を伸ばして次の一手を出しますが

身体が伸びきらなかったりホールドを取っても身体が張れずに抑えきれない事があります。

 

この時に私が着目したのは足先までの身体の伸展です。

 

足がホールドに残っていても切れていても

足まで意識がしっかりと伸びている状態です。

 

体幹と言うと身体の剛性を上げるイメージがありますが

今回はその体幹を生かした足までの連動です。

 

固まり固定しているだけで無く動いたり伸び上がりながら身体を安定させる力のお話しです

 

飛び上がったり 空中姿勢もその様な感じです。

 

如何ですか?

体幹を張る

 

私は踵から意識して足先を張りますが

この話はまた次にでも。

 

これまた私の主観でありますので

客観性は皆様にお任せ致します

あくまでも参考にされて

少しでもお役に立てましたら幸いです。

 

詳しい体幹を張る話や

腰周りや脊柱の治療が必要な方々はお気軽に治療院までご連絡下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

 

 

身体の使い方Seriesその98『臀筋を緩める』臀筋を緩めて腹圧を高め腰痛予防に貢献‼︎足の付け根が背中から生えてくるかも⁈

今回のテーマは

『臀筋を緩める』

f:id:chiryouin111:20211011104613j:image

臀筋は身体背部の伸筋に辺ります。

臀筋を収縮させると骨盤前傾位になり背部伸筋群に力が入り腰が反る形になり腰椎も前弯しやすくなり

腰椎が過剰に前弯すると腰痛になりかねません。

f:id:chiryouin111:20211011191025j:image

走る動作やバックキック等足を後ろ側に伸ばす動作には有効ですが骨盤後傾や腹部に圧をかける時にはブレーキをかける働きになるので少し緩めた方ポジションを作りやすいですね。

 

臀筋を緩めると骨盤後傾・腰椎前弯を作りやすく腹圧を高めて体幹が安定します。

 

骨盤を後傾させると足の突っ張りが減り自然な方で足裏主に踵から力が伝わりやすくなり

お腹周りの不安定な感覚が減り背中から足が生えている感じになります。

 

皆様も是非、お試し下さい。

 

これはあくまでも、私の主観で得た感覚です。

色々と稽古や身体の感覚を高めたい方々の参考になりましたら幸いです。

 

如何ですか?

臀筋を緩める

 

詳しい臀筋の緩め方

お尻や座骨神経痛など骨盤周囲の治療が必要な方々はお気軽に治療院までご連絡下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の使い方Seriesその97『座骨を入れる』腰椎前弯・後弯による腰痛を座り方で分析します。腰痛の方々必見です‼︎

今回のテーマは

『座骨を入れる』

 

椅子に座った時に当たる骨に『座骨』があり

その座骨をコントロールして腰椎骨盤リズムを作ります。

f:id:chiryouin111:20211004213204j:image

座っている状態で座骨を後ろに移動させると骨盤が前傾して腰椎が後弯します。

逆に座骨を前に移動させると骨盤が後傾して腰椎が前弯します。

f:id:chiryouin111:20211004213222j:image

 

私は命門(気になる方はGoogle先生に聞いて下さい)と言うツボを後ろに出す形を意識しているので座骨を前に出して骨盤を後傾させて腰椎を後弯させています。

これは尾骨を前に出しす

『尾閭中正』

と言う状態で

座っている体制では意識しやすいので

その姿勢を作りながら立ち上がり

腰椎を後弯させて命門を出しています。

(下記は以前に書いた尾閭中正のBlogです)

https://chiryouin111.hatenablog.com/entry/2020/02/24/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9series%E3%81%9D%E3%81%AE45%E3%80%8E%E5%B0%BE%E9%AA%A8%E3%82%92%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8F%E8%83%8C%E9%AA%A8%E3%82%92%E7%9C%9F

 

欧米人やネイティブ・アフリカンは大腰筋が発達しているので腰椎前弯姿勢が良いと思われますが

我々東洋人はそれ程発達していないので腰椎後弯が宜しのではと考えております。

f:id:chiryouin111:20211004213249j:image

(以前に書いた大腰筋のBlogです)

https://chiryouin111.hatenablog.com/entry/2016/12/19/223156

 

『座骨を入れる』

これで気を付けないといけないのは

座り方による2つの腰痛があります。

 

①座骨が前に抜けてしまうと腰が後ろに下がり身体が潰れた状態で座る事になります(座骨の前に抜けた腰椎後弯型の腰痛)

 

②座骨が後ろに抜けると腰が反った形で背中からもたれ椅子の背中と足裏で支えてお尻は少し浮き上がります(座骨の後ろに抜けた腰椎後弯型の腰痛)

 

座骨を入れてお腹に力が入っていれば大丈夫ですし

(腰椎を前弯させずに腹筋運動をしている状態)

先ずは座骨を意識して座る事オススメします。

 

簡単に言うと座骨の上に背骨を真っ直ぐ乗せる事ですよ。

以上は私の主観もありますから賛否両論

腰椎前弯と後弯談義も含め

研究して参りたいと思います

一つの参考までになさって下さい。

 

如何ですか?

『座骨を入れる』

詳しい座骨のポジションの説明や

骨盤座骨周囲の治療が必要な方々はお気軽に治療院までご連絡下さい。

(動作分析イラスト引用)

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の不思議Seriesその1『幻肢痛』感覚統合を利用した錯覚によるアプローチについて。

今回のテーマは

幻肢痛

幻肢痛は何らかの理由により切断した部位が痛む症状になり

 

本来なら無いはずの部分が存在するかの様に感じてしまう不思議な状態ですが

脳が動かせない部位に対して反応している様です。

 

人間には感覚を統合的に判断して情報を処理しています。

これを感覚統合と言います。

https://www.riken.jp/press/2018/20180314_1/

 

それでは面白いお話しを

 

皆様は

ゴムの手錯覚をご存知でしょうか?

f:id:chiryouin111:20210927170835j:image

これは錯覚を利用した実験で証明されていて

 

ついたてを隔てた所に片手をテーブルの上に乗せて

反対の手はテーブルから下ろします。

(ついたてで左手は見えません)

そしてゴムの手をついたてを隔てた所に置きます。

 

テーブルの上についたてを隔てて

自分の手とゴムの手が乗っている状態です。

 

そしてゴムの手を眺める様に指示を出して

手とゴムの手を同時に触れて行きます。

 

その状態を続けているとゴムの手が自分の手の様に感じてしまう。

これは視覚と皮膚感覚を使った錯覚で

これを幻肢痛の治療に使う事もあります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/39/2/39_69/_pdf

次に幻肢痛の痛みは感覚運動野の入力障害の

説もあり健則を鏡に写して動かす事で患側も

視覚と運動感覚の錯覚から動いていると

脳が感覚統合で認識して

痛みが改善するリハビリもあります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrmc/55/5/55_384/_pdf

 

何方も知覚と運動感覚の錯覚を利用した幻肢痛の治療になり

 

人は生まれてから様々な経験から感覚を学び

その経験値から色々な事をイメージ出来ます。

 

映画である場面を見ると経験をした事なら

感覚をイメージ出来ますが

実際に身体には何も感じません。

それは身体の感覚器が刺激されないからです。

 

実験の様に自分の身体を用いれば感覚の情報によっては錯覚の様な事が起こります。

 

是非、幻肢痛に悩んでいる方がいらっしゃる場合には取り入れてみられて下さい。

 

鍼灸治療でも様々な疾患や幻肢痛にも対応出来ます。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsam1981/56/2/56_2_108/_pdf

 

如何でしたか⁈

詳しい幻肢痛の治療や説明が必要な方々は

お気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

(認知バイアス事典イラスト引用)

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

 

身体の使い方Seriesその96『トレーニングのやり方』私なりの観点でまとめてみました。筋肉・動き・内観・パフォーマンス向上の秘訣とは⁈

今回のテーマは

『トレーニングのやり方』

について

 

理想的なトレーニングに及ぶかは分かりませんが

私が考える日々の鍛錬等をつらつら書いてみたいと思います。

 

筋トレや競技のトレーニングにはルーティンがあり負荷の強度を高めたり集中力を上げたりして

パフォーマンスを向上させて行きます。

 

私も空手の選手の頃は限界まで追い込むやり方で

練習を繰り返しその結果、競技特性や体力や動きの向上が図れて良い成績を出す事もありました。

 

その反面、日々の繰り返し行う強度の弱い

内観的な練功は時間を割けずにいましたが

今は勝敗を決める世界から退き

その様なトレーニングを取り入れています。

(空手の型や基本稽古・武術の練功・立禅など)

 

 

筋肉を鍛えるウェイトトレーニング

心拍数を上げる練習と違い

より動きや感覚を鍛える感じで力の出し方を学びます。

 

競技を行っていた時は、身体を限界まで追い込んでいてしっかり回復させないとパフォーマンス低下や怪我に繋がり毎日出来ませんでしたが

 

身体の感覚を追求出来る稽古は毎日出来るので

楽しみは増えている状態です。

 

その中でも自分の動きの質を向上させるには

『力の限界値』

だったり

『感覚のブレイクスルー』

だったり

何処か色々な事を変えるための努力や方向付けは

必要だと思いますので同じ事をやっていれば

良いかと言うばかりではありません。

(トレーニング理論と方法論)

https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/ikusei/doc/k3-39.pdf

 

ボルダリングの様にグレードが上がると強さや

ハイパフォーマンスが要求されるので

筋肉の高い出力や神経の着火は必要だと

思いますから連続だと疲労が溜まって

怪我に繋がるので連登は避けています。

 

取り組む動きや特性により

身体の感覚や鍛え方は変わりますが

集中力が落ちたり疲労で怪我に繋がる事を

避ければ楽しくトレーニングは出来ると思います。

 

レーニングのルーティンは永遠の課題ですが

無理せずに個々にあったスタイルで

お取り組み下さい。

 

参考に『オーバートレーニング症候群』の論文を

貼っておきます。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspfsm1949/45/3/45_3_395/_pdf/-char/ja

 

如何ですか?

 

簡単に結論をまとめると

①感覚

②適切な筋力

③両方を踏まえた動きの統合

が必要だと思います。

 

やはり競技の結果にとらわれ無いのが

心の解放に繋がりメンタルも大切ですが

取り敢えずメンタルの事は今回は外します。

 

レーニングのやり方について

私なりの観点でお話し致しましたが

詳しい解説や疲労回復の治療が必要な方々は

お気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

 

身体の使い方Seriesその95『足の裏の感覚』足の裏の感覚を高めて姿勢を調整するメカノレセプターを使い脳を鍛えましょう‼︎

今回のテーマは

『足の裏の感覚』

f:id:chiryouin111:20210913224954j:image

最近トレーニングをしていて気付いた事ですが

クッション性の高い靴ではギャップがある大地では足裏の感覚を阻害する事です。

 

ラソンアスファルトの上や

室内のトレーニングで

大地が平面で整地がされている環境では

靴のクッション性が威力を発揮しますが

デコボコした地面では逆に不安定に感じます。

 

私が平素履いている足半は指と踵が出ていますが

f:id:chiryouin111:20210913232724j:image

足の感覚が活かせ

鎌倉時代の武士は好んで履き

足場の悪い大地での合戦には功を奏したそうです。

f:id:chiryouin111:20210913225228j:image

実際に足場の悪い環境で足半を履いて戦った事はありませんが

(下記は足半の解説です)

https://kotobank.jp/word/足半-25299

 

武術を稽古する時は裸足で行うので足裏の感覚が

活かせてそれを自然だと感じていました。

 

私は外でトレーニングをする時にあえて足場が悪い環境で足運びの練功を行いながら足裏の感覚を鍛えています。

 

足裏には『メカノレセプター』と言う感覚受容体があり姿勢調整に影響してその情報は脳に送られています。

その様な意味合いでは

足の裏の感覚が鍛えられると脳も鍛えられるそうで

 

ちょっと強引ですが

 

足半を履くと頭が良くなると言われるのはその理由からでしょうか⁈

(下記はメカノレセプターの論文です)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jje/53/Supplement1/53_S138/_pdf

 

子供においても、発達障害児は『感覚探究』と言う行動があり着座で落ち着きの無い子は足底や座面に人工芝を引き刺激を加えて集中力を上げています。

(以下論文です)

http://www2.am.nagasaki-u.ac.jp/ot/homepage/pdf/a3.pdf

 

如何ですか⁈

 

大人も子供も

足裏の感覚を高める為には少し足場の悪い何処を歩いてみたり(転んだり捻挫しない様に気を付けながら)

芝生の上に裸足で立ったりして下さい。

(その後は、足裏を綺麗にして下さいね)

 

そうしましたら少し意識が高まると思いますよ。

 

 

如何ですか⁈

『足の裏の感覚』

詳しい足の裏のお話しや

足裏の治療が必要な方々はお気軽に治療院まで

ご連絡下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com