chiryouin111’s diary

治療院KAZUです ^ ^ 健康に関わる事 理想的な身体動作を追求して行きます。

姿勢の正し方シリーズその1『背骨を伸ばす』猫背 巻き肩 腰痛 ストレートネックの方々 スポーツ選手 クライマー 武術家 一般の方にもオススメです!!

今年一回目のテーマは

 

『背筋を伸ばす』です。

 

とても大切な事から

取り上げてみたいと思います。

 

姿勢を正しくしましょう!!

とはよく聞きますが

どれが正解かは中々分り難いですよね⁈

 

過去に書いたブログ

身体の使い方シリーズその4『立身中性』

でも背骨の整え方お伝えしましたが

 

今回は

もう少し分り易いやり方を

お伝えしたいと思います。

 

とにかく

姿勢には様々あり身体の使い方や

年齢などで変化して行きます。

 

今回は

側弯などは除き

一般的に姿勢が悪い人達の調整方法を考えます。

 

心理学などでも

背骨の曲がった姿勢は

ストレスを受けている状態などと言われ

小胸筋が緊張すると実際に呼吸も浅くなります。

(小胸筋は胸の付け根 ツボで言えば中府の部分です)

https://s.kyoto-np.jp/kp/koto/tubo/tsubo_66.html

 

現代社会では対人関係やお仕事でも

様々なプレッシャーがかかり

身体の前側の筋肉(腹筋も含め)が緊張して

身体が前に曲がって来る事が多くあります。

 

それに加え

スポーツや武術 クライミングでも

身体の使い方 構え 癖などで

 

悪い姿勢が定着した時は

 

呼吸も浅く

猫背にもなり

 

 

そのままでは首 肩 背中 腰など

様々な所に悪い影響が出て来る可能性が考えられます。

 

では

 

そうならない為にも

 

その対象法ですが

 

一番簡単なのは

①床に寝転がって『背骨を伸ばす』

 

平坦な所に背中を当てて背骨を伸ばして

下さい。

f:id:chiryouin111:20190107182349j:image

床を基準に『背骨を真っ直ぐ』な状態を

認識して頂いた方が実際に

伸ばす時に分かりやすく

 

慣れていない状態で

立位で無理に背骨を伸ばすと

胸を張って不自然な形になります。

 

胸を張らないメリットは

また私の書いたブログで恐縮ですが

身体の使い方シリーズその3『含胸張背』

をご覧下さい。

 

そして

床で伸ばすのがお辛い方は

 

②ストレッチポールをお使い下さい。

 

ストレッチポールの上で背骨を横にゴロゴロ

縦に伸ばす感じで動かして『背骨を伸ばして』下さい。

 

ストレッチポールが手元に無い方は

バスタオルを丸めて円柱状にして

お使い下さい。

 

 

寝転がってやる方法に慣れて来られて

立位でやってみたい方は

 

③壁に背中とお尻を付けて顎を引き

お腹をドローインしながら

『背骨を伸ばして』下さい。

f:id:chiryouin111:20190107182415j:image

これも壁を基準に『背骨を伸ばす』事を意識しやすいからです。

 

少し簡単過ぎるかもしれませんが

決して侮れない

 

効果の出やすい方法を3つ程

ご紹介させて頂きました。

 

『姿勢』は大切なので是非お試し下さい。

 

上記の事を

しなくても背骨に意識が向かえば

自然に姿勢は良くなって来ます。

 

仮に悪くなっても

自分で調整する事は可能ですよ。

 

スポーツ選手 クライマー 武術家は元より

一般の方にも大切な『背骨を伸ばす』

 

もし

詳しいやり方や他の事でも御質問が御座いましたら

お気軽に治療院にお問い合わせ下さい。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

(姿勢の動きの『なぜ』がわかる本・インターネット記事 引用)

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://www.kazu-1414.com/index.html