chiryouin111’s diary

治療院KAZUです ^ ^ 健康に関わる事 理想的な身体動作を追求して行きます。

身体の感覚シリーズその3『地に足が付いて』いますか⁈引力や遠心力を使って解説 クライマー 武術家 スポーツ選手 勿論 一般の方々にもオススメです!!

本日は成人の日

新成人の皆様おめでとう御座います。

 

大人の仲間入りで大切なキーワード

 

『地に足が付いてますか⁉︎』

 

をテーマに今回は考えてみました。

 

f:id:chiryouin111:20190114162103j:image

言葉の意味でも『地に足が付いた』状態は

 

考え方や行動がしっかりして

安定した様など

冷静で落ち着いた様子です。

 

 

逆に否定的な意味で使われる

『地に足が付いていない』場合は

 

腰が座らず落ちつか無い様

物事に集中出来ず気が散漫な様子 

など

 

精神的な事や肉体的な事まで言及出来ます。

 

 

それくらい『地に足を付ける』と言う事は

大切なのですね。

 

それでは身体の状態で

『地に足を付ける』とは

どの様な事でしょうか⁈

 

ご存知だと思いますが

地球には重力が働き

物質は引力の影響で地球の中心に引っ張られ

遠心力で外側に向け引っ張られる事を

差し引いて我々は立っ事が出来ます。

 

立っと言う事は

無意識に遠心力と引力のバランスを

足の裏でとり重力に拮抗する行為です。

 

定義すると難しくなりますが

身体は自然に凄い事をやってのけていますね。

 

 

その

重力をコントロールして

重心を上げる(遠心力に依存する)

重心を下げる(引力に依存する)

f:id:chiryouin111:20190114204837j:image

装置は

台地に密着している

重心の位置をコントロールする部位として

足の裏と考えてみました。

 

 

例えば

重心の位置が高くなり肩に力が入ると

不安定になり

 

『地に足が着いていない』状態です。

(上に引っ張られ遠心力に依存した状態)

 

 

ライミングでは重心を上げて

遠心力に依存する事も多いので

上半身の力も大切ですが

指の負担や身体の疲労を考えると

フットホールドを踏む

 

『フットホールドに足を付ける』

 

引力に依存した

下側に引かれる意識も大切だと思います。

 

 

 

過去の話で恐縮ですが

 

私が空手の試合で経験した事がある

 

試合前に身体がフワフワした

 

『地に足が着いていない』状態の時は

 

あまり結果は良くありませんでした。

 

 

空手やコンタクトスポーツでは

重心を下げる方が有利とされ

 

下側に力が働き引力に依存すると

腰が重くなります。

 

上記の事から

 

身体やメンタルの状態を客観的に見る

指標として重心を下げる意識で

空手の試合に臨んでいました。

 

 

その時

大切にしたのは足の裏の感覚です。

 

 

一般の方々も

 

重要なプレゼンをする時や

緊張する場面などを

 

足の裏を意識して重心を下げる事で

肩の力が抜けて

 

大事なシーンも切り抜けられると思います。

 

 

引力に依存しましょう。

 

 

 

ライミングでは元より

武術やスポーツでも

 

『地に足を付ける』事で重心を安定させて

パフォーマンスやメンタルを

向上させましょう!

 

 

やり方は簡単ですよ!!

 

立っている時や歩いている時に

足の裏を意識して

 

下側に働く引力に依存したイメージで

しっかり地面を踏みしめて下さい。

 

肩に力が入ったり身体が緊張したりすると

上に引っ張られ遠心力が働き

 

『地に足が付かない』状態になります。

 

足の裏を意識して

 

しっかり『地に足を付け』ましょう。

 

きっと良いパフォーマンスを発揮出来ます。

是非お試し下さい。

 

少しでも、皆様のお役に立てれば幸いです。

 

(足部スポーツ障害の科学的基礎 写真引用

動作分析臨床活用講座バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践写真引用)

 

治療院KAZU

03-5742-1414 

http://www.kazu-1414.com/index.html

院長 中井一欽

 

姿勢の正し方シリーズその1『背骨を伸ばす』猫背 巻き肩 腰痛 ストレートネックの方々 スポーツ選手 クライマー 武術家 一般の方にもオススメです!!

今年一回目のテーマは

 

『背筋を伸ばす』です。

 

とても大切な事から

取り上げてみたいと思います。

 

姿勢を正しくしましょう!!

とはよく聞きますが

どれが正解かは中々分り難いですよね⁈

 

過去に書いたブログ

身体の使い方シリーズその4『立身中性』

でも背骨の整え方お伝えしましたが

 

今回は

もう少し分り易いやり方を

お伝えしたいと思います。

 

とにかく

姿勢には様々あり身体の使い方や

年齢などで変化して行きます。

 

今回は

側弯などは除き

一般的に姿勢が悪い人達の調整方法を考えます。

 

心理学などでも

背骨の曲がった姿勢は

ストレスを受けている状態などと言われ

小胸筋が緊張すると実際に呼吸も浅くなります。

(小胸筋は胸の付け根 ツボで言えば中府の部分です)

https://s.kyoto-np.jp/kp/koto/tubo/tsubo_66.html

 

現代社会では対人関係やお仕事でも

様々なプレッシャーがかかり

身体の前側の筋肉(腹筋も含め)が緊張して

身体が前に曲がって来る事が多くあります。

 

それに加え

スポーツや武術 クライミングでも

身体の使い方 構え 癖などで

 

悪い姿勢が定着した時は

 

呼吸も浅く

猫背にもなり

 

 

そのままでは首 肩 背中 腰など

様々な所に悪い影響が出て来る可能性が考えられます。

 

では

 

そうならない為にも

 

その対象法ですが

 

一番簡単なのは

①床に寝転がって『背骨を伸ばす』

 

平坦な所に背中を当てて背骨を伸ばして

下さい。

f:id:chiryouin111:20190107182349j:image

床を基準に『背骨を真っ直ぐ』な状態を

認識して頂いた方が実際に

伸ばす時に分かりやすく

 

慣れていない状態で

立位で無理に背骨を伸ばすと

胸を張って不自然な形になります。

 

胸を張らないメリットは

また私の書いたブログで恐縮ですが

身体の使い方シリーズその3『含胸張背』

をご覧下さい。

 

そして

床で伸ばすのがお辛い方は

 

②ストレッチポールをお使い下さい。

 

ストレッチポールの上で背骨を横にゴロゴロ

縦に伸ばす感じで動かして『背骨を伸ばして』下さい。

 

ストレッチポールが手元に無い方は

バスタオルを丸めて円柱状にして

お使い下さい。

 

 

寝転がってやる方法に慣れて来られて

立位でやってみたい方は

 

③壁に背中とお尻を付けて顎を引き

お腹をドローインしながら

『背骨を伸ばして』下さい。

f:id:chiryouin111:20190107182415j:image

これも壁を基準に『背骨を伸ばす』事を意識しやすいからです。

 

少し簡単過ぎるかもしれませんが

決して侮れない

 

効果の出やすい方法を3つ程

ご紹介させて頂きました。

 

『姿勢』は大切なので是非お試し下さい。

 

上記の事を

しなくても背骨に意識が向かえば

自然に姿勢は良くなって来ます。

 

仮に悪くなっても

自分で調整する事は可能ですよ。

 

スポーツ選手 クライマー 武術家は元より

一般の方にも大切な『背骨を伸ばす』

 

もし

詳しいやり方や他の事でも御質問が御座いましたら

お気軽に治療院にお問い合わせ下さい。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

(姿勢の動きの『なぜ』がわかる本・インターネット記事 引用)

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://www.kazu-1414.com/index.html

 

 

身体の使い方シリーズその21肩甲骨の位置正しいですか⁈空手家 クライマー スポーツ選手 一般の方々にもオススメです‼︎身体のスタビライザー肩甲骨を整えるには⁈

今回は、『肩甲骨の位置』のお話しです。

 

肩甲骨は胸郭(背中)に乗っかって

左右が同じ位置の様に感じますが

双方でポジションが違う事が多いです。

 

右利き左利きでも位置が変わりますし

 

空手や

様々なスポーツ

一般の生活でも

身体の使い方が左右違う場合は

肩甲骨の位置が

前後したり上下になったりします。

f:id:chiryouin111:20181224100516j:image

前回の

『身体の使い方シリーズその20』

でもお伝えしましたが

 

空手の基本稽古では

身体を正面に向けて捻れ無い様にします。

 

その事を

もう少し詳しく説明致しますと

その時に意識するのはお『臍』の位置です。

 

お臍を真っ直ぐ正面に向けていると

体幹が真っ直ぐになり

肩甲骨の位置も均等になりやすいです。

 

肩甲骨は身体の

スタビライザー

(揺らぎを防ぎ身体を安定させる装置)

の様な物で身体のバランスを整えます。

f:id:chiryouin111:20181224153004j:image

 

 

『肩甲骨の位置を整えるには』

 

お臍の位置に気を付けてみて下さい。

気を付けないと

以外と捻れているかもしれませんよ⁈

 

一般の方は勿論

空手の選手や

クライマー

様々なスポーツを楽しむ方々も

身体を整える意味で

お臍の位置を意識して下さい。

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

上記の事や他のご質問が御座いましたら

治療院にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

(姿勢と動きの『なぜ』がわかる本・ネット写真引用)

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://www.kazu-1414.com/index.html

 

身体の使い方シリーズその20 お腹捻れてませんか⁈空手家 クライマー スポーツ選手 一般の方々にもオススメです。

『お腹』捻れてませんか⁈

今回は、胸郭と骨盤の間

腹部のお話しです。

f:id:chiryouin111:20181120225148j:image

私は、空手の選手を長く続けていたので身体に特定の癖があります。

 

体幹の部分の捻れです。

 

空手の組手の構えでは半身と言って斜め45°に構えていて

ボクシングのポーズみたいです。

f:id:chiryouin111:20181120230352j:image

その状態ですと、懐を深くする為に逆手側はお腹を奥に引きます。

 

その事により『お腹が捻れる癖』が付き

 

私の場合は左利きなので

右手が前 左手が後ろになり

左のお腹が後ろ側に引かれます。

 

その関係か、クライミングでは左の引き手が強く右上のラインの方が登りやすいです。

 

上記の事により最近は、空手の型や基本稽古ではお腹のポジションを意識したり

 

ライミングでも、左上のラインや右引きつけの場合は『お腹の位置』を右側に引く意識をします。

 

気が付くと日常も左側にお腹が引けてしまうので最近は真ん中で整える様に意識しています。

 

空手の選手の頃は疲労がたまると左のギックリ背中になっていました。

 

お腹の位置を意識する前には

ライミングや仕事の疲労がたまると

左の背中や

坐骨神経が気になる事もありましたが

お腹の位置を意識してから

あまり上記の症状は出なくなりました。

 

皆さまも、クライミングや武術の構え

お仕事等で身体が捻れる癖がある方は

 

お腹を真っ直ぐにを意識してみて下さい。

 

腰痛の予防や様々なシーンで良い成果が出ると思います。

 

お腹の位置のや他のご質問等が御座いましたら

お気軽に治療院にお問い合わせ下さい。

(姿勢の動きの何故が分かる本イラスト引用)

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414 

http://www.kazu-1414.com/index.html

ツボのお話しシリーズその1『労宮』を使って手のアーチを解説 クライマー 武術家 一般の方々にもオススメです!!

今回は『手のアーチ』のお話しを

鍼灸師の観点から『ツボ』を用いて解説致します。

 

以前に

身体の骨格シリーズその1でも

解剖学的に骨や靭帯の結合で

『横アーチと縦アーチを使うと理想です』と

お話ししました

(詳しくは骨格シリーズその1をご覧下さい)

http://chiryouin111.hatenablog.com/entry/2017/03/06/

 

今回に

取り上げるツボの名前は『労宮』

ろうきゅうと読みます。

 

労宮の位置は

f:id:chiryouin111:20181128145011j:image

人様指と中指の手の平の骨の間で

ちょうど縦アーチの部分に辺ります。

f:id:chiryouin111:20181128162550j:image

f:id:chiryouin111:20181128145024j:image

この上の写真の赤く印を付けたポイント

『労宮』を意識していきます。

 

このツボを紐解くと

労宮の

『労』は労働 『宮』は中央を意味し

手を使う際の中心の様な意味になり

大切なポイントと言う事が伝わって来ます。

 

ちなみにツボの効果は

ほてりや目眩、自律神経の調整や

 

心をリラックスさせる等です。

 

自身で指圧されたりお灸をすえても効果的です。

 

この『労宮』を

物を掴んだり

拳を握ったり

ホールドを持つ時等を意識しながら

アーチを作ると

非常に強い状態になります。

 

アーチの作り方は

 

労宮にうずらの卵を乗せて

それを割らない様に握るイメージです。

うずらの卵でも大き過ぎて

握り難いと感じる場合は

卵より小さい消しゴムを労宮に乗せて

握る感じでアーチを作ります。

f:id:chiryouin111:20181128233633j:image

手の中に何か物が有るとガッチリ握り込めずに少し膨らむ感じになると思いますが

その膨らむ感じがアーチです。

 

一般の方で特に物を良く落とす事が多い時はアーチが崩れている場合がありますので

この握り方をすると

力まずに物が落とし難くなります。

 

武術家の方は拳を握り込まずに

少し空拳でアーチを作ると

脱力した良い突きが打てます。

私も現役の頃は実績して

試合も稽古もほぼ空拳でした。

 

クライマーでも

カチリ過ぎて関節を痛める方や

なんだか握りがしっくり来ない方々は

労宮を意識してアーチを潰さずに保持して下さい。

きっと指の負担も減り怪我が少なくなり

しっくりとした握りが手に入ると思います。

 

ボクサーや武術家で握力があまり強くなくても石の様に硬いナックルや重い突きを撃つ方々もおられ

クライマーでも握力があまり強くなくても

保持力がある方々もいらっしゃります。

 

この様な方々は

手のアーチがしっかりと出来ているのではないかと思います。

 

『労宮』を使ってアーチを作るのは

如何でしたでしょうか⁈

 

人間は手を使う事で脳や文明が発達したと言っても過言では無いと思います。

 

その大切な手のアーチを意識して

日常の生活や武術 クライミング

様々なシーンで役に立つと思い

ご紹介致しました。

 

また労宮を刺激して身体をリラックスする事もオススメします。

 

ツボや手のアーチ等

些細な事でもご質問が御座いましたら

治療院にお問い合わせ下さい。

 

(筋骨格筋系のキネシオロジー・臨床経穴図   写真引用)

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://www.kazu-1414.com/index.html

 

身体の使い方シリーズその19 空手の立ち方『閉塞立ち』身体の軸を意識するのに最適です武術家はもとよりクライマー一般の方やO脚の改善にもオススメです。簡単なので是非お試し下さい。

今回は背骨を真っ直ぐにする立ち方

『閉塞立ち』をご紹介致します。

 

空手には様々な構えがあり

その中の1つで

型を行う際の予備動作として一旦

閉塞立ちになり次の動きに移ります。

 

閉塞立ちを

かけっこで例えるなら

位置に着いて『用意』『ドン』の

走り出す前の用意に当たります。

 

空手には様々な稽古があり型とは

実際の戦いをイメージして動きます。

 

立ち方は型の流れの中の動作ですが

重心移動や身体の軸を崩さない様に行います。

 

私が

型の稽古をしていて気付いたのが

身体の軸の意識しやすい

『閉塞立ち』でした。

 

足を真っ直ぐに揃えて立ち

背骨が足の間を通り

身体が一直線になった状態です。

f:id:chiryouin111:20181110110034j:image

やり方は簡単ですよ

両足を揃えて立ち、足の内側(脛骨)を意識して

内腿の内転筋を締めます。

そして

背骨を真っ直ぐ立てて行きます。

 

身体の傾きや

左右の足のバランスを整えるのに最適です。

どうも身体が歪んだ感じがする方や

O脚を改善したい等

 

美しい立ち方を学びたい方々にとって

 

身体の調整をする際に

時々試される事をオススメ致します。

 

最初は真っ直ぐ立つのが漠然として意思しにくいと思いますので

鏡の前で身体の状態をチェックしてから行うと理想ですよ。

 

やり方や他のご質問が御座いましたら

お気軽に下記番号やホームページにて

治療院にお問い合わせ下さい。

 

武術やクライミング 健康面でのサポートが出来ましたら幸いです。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://www.kazu-1414.com/index.html

 

指の使い方シリーズその1『虎拉ぎ』から体幹を決める。クライマー武術家 スポーツ選手 一般の方々にもオススメです‼︎

今回は指の形から

体幹を一体化させて足も強くなる『虎拉ぎ』

とらひしぎ、と読みます。

 

古武術の技法になりますが

他の武術やクライミング

一般の方にも有効だと思いますので

ご紹介致します。

 

まずやり方ですが

親指を回内(左手を基準にすると時計回り)

このままですと肘が開き脇が上がってしまうので

f:id:chiryouin111:20181114182052j:image

次に人差し指を回外(左手を基準に反時計回り)

これで脇が締まり

f:id:chiryouin111:20181114182109j:image

広背筋と大胸筋が効いて来て体幹が決まり

上半身と下半身が一体化します。

この時に肩が上がらない様に意識して下さい。

 

古武術ではこの指の形をとると

階段を駆け上がる時や高い所に足を運ぶ

そして

寝技でも横から崩されにくいそうです。

 

この指の形は

私なりの見解ですが

前腕の回内・回外で筋肉が拮抗して

その力が上腕・肩甲骨・胸郭に及び

広背筋や大胸筋等の筋肉が等尺性収縮をおこし

上半身と下半身が連動している感じがします。

 

この指からの伝達は

 

中国武術では『含胸抜背』の技法に似ていて

広背筋を締めて強い身体を作り

(詳しくは私のblog身体の使い方シリーズその3をご覧下さい)

 

空手でも指の第一関節で大きな壺を持つ鍛錬が在り

その際に身体を締めながら移動稽古を行い

足の連動が良くなります。

 

そして

この指の形はクライミングでも使えると思いますよ。

指からの伝達を体幹に伝える動きは理想だと思うので

おそらくトップクライマーは自然にやっているかもしれません。

 

岩のガチャ持ちや悪いホールドを保持する時に有効だと思います。

 

一般の方には

階段の昇降や坂道  山道を歩く時に

オススメですよ。

 

『虎拉ぎ』

是非お試し下さい。

 

上記の説明が詳しくお知りになりたい方は

治療院にお問い合わせ下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://www.kazu-1414.com/index.html