chiryouin111’s diary

治療院KAZUです ^ ^ 健康に関わる事 理想的な身体動作を追求して行きます。

身体の使い方seriesその64クライミングにおける『カチとオープン』について手内筋と手外筋で考察。握り方の研究にオススメです‼︎

今回のテーマは

ライミングにおける

指の握り方『カチとオープン』についてです。

 

手内筋 手外筋を結び付けて考えてみます。

 

先ずカチはMP.PIP.DIP屈曲

 

オープンはMP伸展PIP.DIP屈曲

 

になります。

 

カチの強い人は

MP関節がしっかり曲がり

オープンの強い人は

MP関節が伸展しています。

 

 

骨折でギブスを固定する時もこの

手内筋・手外筋の拘縮を防ぐ

肢位があり

手内筋優位では

MP屈曲PIP・DIP伸展

手外筋優位では

MP伸展PIP・DIP屈曲になります。

f:id:chiryouin111:20200917122737j:image

上の写真が手外筋優位

下の写真が手内筋優位です。

 

ライミングの場合はDIP.PIPも曲げますがカチの場合はMPを曲げるのが手内筋を優位にしてカチの力が

上がるコツだと思いますし

 

 

オープンの場合はこの図の様に

逆にMPを伸ばすのがコツだと思います

 

それぞれ、この形を意識すると

 

オープン(手外筋優位)

f:id:chiryouin111:20200917123103j:image

カチ(手内筋優位)

f:id:chiryouin111:20200917123106j:image

となり鍛える際の参考になるかもしれませんね。

 

クライマーの指の拘縮予防にも

six pack exerciseが効果的です

f:id:chiryouin111:20200918100846j:image

指のパキリ後や関節が固まら為にも行う事をオススメします。

 

握り方一つにしても奥が深いですね。

 

如何でしたか⁈

カチとオープンを

手内筋と手外筋に結び付けた考え

 

カチやオープンの詳しいお話しや

指・手首・前腕の治療が必要な方々は

お気軽に治療院までご連絡下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の使い方seriesその63『身体の軸を意識する』身体を使う上で重要です。貴方も羽生結弦君の様になれるかもしれません⁈

今回のテーマは

『身体の軸を意識する』

 

皆様は身体の軸を意識した事はありますか?

 

フィギュアスケーター羽生結弦君は

よく滑る前に身体の前で

十字を切る姿を目にします。

 

これは自分の身体の軸を確かめていると

言われていて

武士の『士』を意味するそうです。

 

肩と腰のラインと身体の中心の軸を合わせれば

確かに武士の『士』と言う字に近くなりますね。

 

この所作は我々にも当てはまり

活用すると、とても効果的ですよ。

 

この軸の概念をもう少し詳しく解説すると

 

十字の形は

 

垂直の軸と

f:id:chiryouin111:20200913123518j:image

前額・水平の軸です。

f:id:chiryouin111:20200913123526j:image

(これを腰のところに持って行くと士と言う字に、、チョット下が出てしまいますが細かい所は抜きにして)

 

解剖学的には

矢状面と前額面と水平面があり

同時に運動軸も3つ存在して

今回はこの中の2つをテーマに上げています。

f:id:chiryouin111:20200914154135j:image

これは

人間の身体を面で考えるのと

運動軸で捉える部分で

何方も身体を意識する上では大切ですね。

 

私の場合は軸を意識する時は

1本の棒が身体の中を貫き

その棒を目安に身体の傾きや歪みを捉えていて

運動や治療にも活用しています。

 

実際に棒を目の前に持って来て行うと

イメージがしやすいですし

 

その棒が傾かない歪まない様に軸を

作ります。

f:id:chiryouin111:20200913123553j:image

もしかしたら羽生君の様になれるかもしれませんよ。

 

如何ですか?

 

身体の軸を意識する。

 

詳しい身体の軸のお話しや

背骨・骨盤の歪み体癖の治療が必要な方々は

お気軽に治療院までご連絡下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の使い方seriesその62『スクリューホームムーブメント』や『関節屈曲での障害の解説』膝の剛性を上げて股関節を繋ぎます。身体の力を逃がさない秘訣です‼︎

今回のテーマは『スクリューホームムーブメント』

 

踵と股関節を繋げるには

膝の剛性が高くないと力が逃げてしまいますが

筋力で固めるのでは無く膝の関節の動きに着目しました。

 

スクリューホームムーブメントとは膝関節伸展時に

大腿骨が不動、脛骨が外旋になる事で膝が真っ直ぐに固定されます。

f:id:chiryouin111:20200908003925j:image

(多動的に行っています)

筋肉に依存せずに骨格で剛性を上げられ

踵から股関節を繋げられます。

 

その逆

 

当たり前ですが歩行で膝を伸ばす時には

 

反対の足は曲がっていて

 

膝関節屈曲時に

関節の剛性が安定している状態では

逆な事が起こります。

 

大腿骨外旋、脛骨内旋です。

f:id:chiryouin111:20200908004837j:image

これには骨格だけで無く靭帯の結合性も要求され

この時に大腿骨と脛骨が雑巾を絞る様に捻れて膝の前十字靭帯・後十字靭帯の張力で安定します。

 

この関係上、前十字靭帯・後十字靭帯が損傷すると膝の安定性が下がり

スポーツ選手が膝の靭帯を痛めて

パフォーマンスが落ちるのはその事もあります。

 

人間の身体は色々な事が関連していますね。

 

 

如何ですか?

 

スクリューホームムーブメント

詳しいお話しや

膝・股関節・踵の治療が必要な方々はお気軽に治療院までお声掛け下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の使い方seriesその61『テーマは肩を下げる』沈肩を行う。首凝り肩凝り、四十肩・五十肩、肩甲骨を体幹に繋げたい方にオススメです‼︎

今回のテーマは『肩を下げる』

 

肩を下げる事を平素しているつもりがまだまだ、上がり気味の状態です。

 

中国武術では肩を下げる事を『沈肩』と言いまして

 

一般的に肩の位置は水平もしくは

少し上がり気味の方もいらっしゃいます。

 

肩を下げるメリットは

 

①肩凝り首凝りが減る

 

②肩甲上腕関節主導の動きから

肩甲胸郭関節主導の動きに切り替わる

 

③四十肩・五十肩の方々にも腕が動かしやすい

 

体幹と繋がり強い力が出しやすい

 

等です。

 

以前に『沈肩』を覚える際に

よく行った行為が肩を押さえて下げる動作です。

f:id:chiryouin111:20200825233219j:image

下げたい肩と反対側の手を肩に乗せて押さえます。

肩を下げると同時に鎖骨が下がるのもポイントです。

f:id:chiryouin111:20200831203243j:image

もし皆様も興味がありましたら是非やってみて下さい。

 

如何でしたか⁈

『肩を下げる』

沈肩のお話しや四十肩・五十肩・肩・肩甲骨周囲の治療が必要な方々はお気軽に治療院まで

お問い合わせ下さい。

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の使い方seriesその60『改めて小指と薬指の重要性を再認識する』ツーフィンガーで指を掛けた時や、武術・一般の方々の物を持つ時にもオススメです‼︎

今回のテーマは

『改めて小指と薬指の重要性を再認識する』です。

 

ライミングでは指を鍛えるアイテムに

フィンガーボードがあります。

 

その一つの

ビーストメーカーにぶら下がり

アプリを使いながらトレーニングしていると

ツーフィンガーでの小指と薬指の重要性を感じました。

f:id:chiryouin111:20200823124625j:image

何か物を握る時に小指と薬指の重要性は必然ですが

 

小指・薬指は

伸筋郡を使えて背中の筋肉、広背筋に繋がります。

 

何故、小指と薬指を意識すると

背中に繋がるか⁈

私なりに考えてみました。

f:id:chiryouin111:20200824144350j:image

有鈎骨は小指と薬指のくっ付く骨で握りやすい角度に骨が傾いていて

 

そこから肘までの間

 

前腕には骨が2本あり、橈骨と尺骨と言い

 

小指と薬指側の骨は尺骨で上腕骨に繋がり肘を形成します。

 

小指と薬指を意識すると橈骨が外側に回転して肘が下がります。

f:id:chiryouin111:20200824144404j:image

肘が下がると肩が上がらずに

脇が締まり広背筋を収縮しやすくなるのが

理由です。

 

ビーストメーカーにぶら下がる時も

小指と薬指を意識すると

肘が内側に入り背中に繋がる感覚が出て来ます。

 

武術でも

小指と薬指を軽く握り他の指は軽く曲げて

空拳で

拳を握ると強い突きが打てますし

 

撃ち下ろす様な突きも

一見、脇が開き手打ちに見えますが

小指と薬指を意識すると

肩が上がらずに背中が使えます。

f:id:chiryouin111:20200821230258j:image

ライミングでは

言わずもがで

フィンガーボードで解析しましたが

小指と薬指を意識されるのが宜しいかと思いますし

 

一般の方々も

買い物袋や掃除機等

物を持つ握る行為では小指と薬指を

意識される事をオススメします。

 

如何でしたか⁈

小指と薬指を意識する。

 

小指と薬指のお話し

指のパキリの治療や前腕、上肢の

治療が必要な方々は

お気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

https://kazu-1414.com

身体の使い方seriesその59『肋骨と腸骨のスペース』クライミングにおけるスネアリング・武術における回転系・一般の方では姿勢を意識するのにオススメです‼︎

今回のテーマは

『肋骨と腸骨のスペース』

体幹力は

背中側の肋骨と腸骨の間のスペースが

f:id:chiryouin111:20200817184617j:image

重要です。

f:id:chiryouin111:20200814222417j:image

ライミングにおいて

デットや足をスネアしてホールドを取りに行く時に手を出す側と反対の足の重要性が改めて大切だと感じました。

f:id:chiryouin111:20200817184656j:image

この時に体幹を張る力は手を出す側と逆のスネアやフットホールドの足側の体幹 主に後ろ側の引き付け肋骨と腸骨の間のスペースです。

f:id:chiryouin111:20200814222423j:image

身体の軸を作るには腰回り、肋骨と腸骨の間が大切ですね。

f:id:chiryouin111:20200817184708j:image

クライマーは

スネアの足が張りやすく、手が出しやすくなり

 

武術家は

軸足作りや回転系の技が安定します。

 

一般の方は

姿勢が良くなり、腰痛が予防出来ます。

 

呼吸法の時や体幹の解析でも致しましたが

腰の辺り肋骨と腸骨の間に圧力をかける事が大切ですね。

http://chiryouin111.hatenablog.com/entry/2020/04/06/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9series%E3%81%9D%E3%81%AE50%E3%80%8E%E8%84%87%E8%85%B9%E3%82%92%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8F%E8%82%8B%E9%AA%A8%E3%81%A8%E8%85%B8

(体幹力や呼吸を描いたBlogです)

 

如何ですか⁈

体幹力には肋骨と腸骨の間が大切』

f:id:chiryouin111:20200817184823j:image

(寝て腹圧を掛けるやり方です)

 

詳しい体幹力のお話しや

肋骨・腸骨・腰回りの治療が必要な方々は、お気軽に治療院までお問い合わせ下さい。

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://kazu-1414.com/access.php

身体の使い方seriesその58『四角形を極める』クライミングにおける正体・側体を考察・武術家・一般の方々にもオススメです‼︎

今回のテーマは身体の正面の

『四角形を極める』

 

ライミングにおける

正体クライマー

側体クライマー

について

四角形を解説致します。

 

正体クライマーは身体の正面で

面を作ります。

その時に必要なのは

正面における四角形です。

四角形を作る事で股関節と前鋸筋を使った

体幹の剛性が上がります。

f:id:chiryouin111:20200805123442j:image

側体クライマーは

身体を捻りながら横向の面を作ります。

その時に

横向きの四角形を作ります。

f:id:chiryouin111:20200805123458j:image

 

正体と同じ様に

横向きで肩甲骨を押さえる前鋸筋と股関節で

体幹の剛性が上がります。

f:id:chiryouin111:20200805123520j:image

(慣れて来ましたら顔を正面に向けたまま身体を捻ります)

 

何方も四角形の面での強さです。

f:id:chiryouin111:20200810135610j:image

これは、武術でも適応して

身体を捻ったりせずに

面で動く意識を高めると力が逃げずに伝えられます。

 

一般の方も、身体の正面で四角形を保つと

肩が下がったり骨盤の歪みが減ります。

 

如何ですか?

『四角形を作る』

身体の使い方や背骨周囲の治療が必要な方々は

お気軽に治療院までご連絡下さい。

 

(極める変化性股関節症の理学療法写真引用)

 

治療院KAZU

院長 中井一欽

03-5742-1414

http://kazu-1414.com/course.htm